トップページ 会社概要
1992年、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロで「持続可能な開発に関する世界首脳会議(地球サミット)」が開かれ、環境問題の解決へ向けて、世界は地球規模の第一歩を踏み出しました。地域環境ネットが誕生したのは翌93年、深刻化する環境問題が注目されつつあるときでした。
 私たちにできることは何か?設立以来、地域と地域をネットワークすること、地域に暮らす人と人とを結ぶことを、事業を通じて実現しようと努力してきました。それは、地域の小さな取り組みを積み重ねることが、やがて地球規模の環境問題を解決へと導くと考えているからです。
 出版事業を柱に産声をあげ、イベントや広告、印刷事業などへわずかずつですが、事業分野を拡大してきました。これからも目的を見失うことなく、私たちらしい視点で、それぞれの事業を組み立て展開していきます。まだまだ規模も小さく微力ですが、これからの地域環境ネットにご期待ください。

■会社名: 有限会社地域環境ネット
■設 立 1993年9月17日
■資本金 1,000万円
■代表者 代表取締役 阿久戸嘉彦
■業務内容: (1)月刊 GREEN REPORT・RIVER LIFEの編集・発行
(2)広告・イベントなどの企画立案および運営
(3)出版・印刷物の企画立案および制作
(4)その他
■従業員数 6人
■所在地 〒336-0017 埼玉県さいたま市南区南浦和3-43-14 Tビル2F
■取引銀行: みずほ銀行南浦和支店
群馬銀行武蔵浦和支店
全国で発行されている地方新聞。地域に根ざした取材力を十分にいかした報道は、全国紙とは異なる魅力があります。全国の地方新聞とブロック新聞25紙から、「環境」と「河川」をキーワードに記事をクリッピングした月刊誌を出版しています。環境関連のクリッピングデータマガジン「月刊GREEN REPORT」と、河川関連の記事を収録した「月刊RIVER LIFE」です。
◎転載している新聞
北海道新聞(北海道)・秋田魁新報(秋田県)・河北新報(宮城県)・福島民報(福島県)・下野新聞(栃木県)・茨城新聞(茨城県)・上毛新聞(群馬県)・埼玉新聞(埼玉県)・千葉日報(千葉県)・神奈川新聞(神奈川県)・山梨日日新聞(山梨県)・静岡新聞(静岡県)・信濃毎日新聞(長野県)・中日新聞(愛知県)・新潟日報(新潟県)・京都新聞(京都府)・神戸新聞(兵庫県)・中国新聞(広島県)・四国新聞(香川県)・高知新聞(高知県)・西日本新聞(福岡県)・熊本日日新聞(熊本県)・琉球新報(沖縄県)・朝日新聞(全国)・日刊工業新聞(全国)・共同通信社
●月刊グリーンレポートとリバーライフ
月刊グリーンレポートは毎月25日発行。リバーライフは毎月5日発行。
●購読者の割合
「地域と地域、人と人とを結ぶ」という事業目的を具現化するためのスキルやツールを蓄積し、活用する事業部門。イベントの企画・運営、SP戦略の立案・展開、印刷物の企画立案などのビジネスフィールドで、私たちらしい視点からマーケットを開拓しています。さらに、NPOやNGOなどと連携した事業もスタートしました。