第37回くらしと牛乳・乳製品児童画コンクール 入選作品発表

金賞授与式をさいたま市内で開いたほか、県内各地の小学校や幼稚園、保育園へ出かけて表彰を行いました。
賞状やメダルを手にした子どもたちから寄せられた笑顔と喜びの声を紹介します。

幼児の部 小学生の部

幼児の部

金賞
埼玉県知事賞 埼玉県教育長賞 審査委員長賞

永友優多(4歳・春日部市)

角谷雪乃(6歳・戸田市)

田中結愛(5歳・さいたま市)
「家や幼稚園で絵を描くの大好き。パパやママ、妹の顔を描いたり、動物の絵を描いたりします。金メダルをもらって嬉しかった」
【評】大きな牛がダイナミックに描かれています。クレヨンと水彩絵の具のバランスが効果的で絶妙です。楽しい作品に仕上げられています。
「審査委員長賞の田中結愛ちゃんとは仲良しなので、金メダルを一緒にもらえてとてもうれしいです。幼稚園で未来の絵を描いたよ」
【評】つぶらな瞳と大きくまんまるな体が印象に残ったのでしょう。女の子の表情も大きく口を開けていて、牛への驚きが感じられますね。
「動物園で乳しぼりをした時のことを描きました。牛はとても大きくて怖かったけど、お乳がピュ―ッと出て楽しかった。小学生になっても絵を描きます」
【評】乳しぼりをしたとき、目の前に見えたのは大きな牛のおなかと乳だけだったのでしょう。子どもながらの視点で表現されたほほえましい作品です。
 
銀賞
 
全農埼玉県本部運営委員会
会長賞
埼玉県乳業協会会長賞 埼玉県学校給食牛乳協議会
会長賞
古谷洸人(4歳・越谷市) 山崎蒼星(5歳・久喜市) 須藤れおな(6歳・さいたま市)
「本当は、もっとはみ出すくらいだったんだよ。頑張ったの〜」 「牛乳だいすき!毎日飲んで、幼稚園も休まずに通っています。牛さん、ありがとう!」 「牛乳大好き。牛大好き。牧場のソフトクリーム大好き。大好きな家族と一緒に飲む牛乳が一番好き」 
 
埼玉県牛乳商業組合
理事長賞
埼玉県牛乳普及協会会長賞 埼玉新聞社賞
金子愛奈(5歳・さいたま市) 鈴木七海(4歳・春日部市) 伊勢遥香(3歳・春日部市)
「絵を描くことと同じくらい牛乳もヨーグルトも好きなので、牛の絵で賞をもらえてとても嬉しいです」 「いつもおいしい牛乳を飲ませてくれる牛さんが大好きです。牛さんに喜んでもらえるようかわいく描きました」 「うしのえをかいているときはとてもたのしかったです。しょうをとってほめてもらえたときはうれしかったです」 
銅賞

長澤英里奈(2歳・上尾市)やまざわりょう(3歳・ふじみ野市)杉本大和(3歳・さいたま市)沼尻俊哉(3歳・富士見市)藤原叶歩(3歳・富士見市)かもべかえ(4歳・草加市)矢部宏太郎(4歳・富士見市)山岡來輝(4歳・川口市)原田季衣(4歳・春日部市)善家優和(4歳・越谷市)遠藤佑真(4歳・本庄市)小林璃々花(4歳・春日部市)さかいちづる(5歳・ふじみ野市)かみいずみちひろ(5歳・ふじみ野市)さがらおうか(5歳・春日部市)山本蓮(5歳・さいたま市)稲川柚季(5歳・春日部市)田口心那(5歳・春日部市)内田咲也(5歳・春日部市)やまむらかいり(5歳・宮代町)佐藤希星(5歳・春日部市)井田圭音(5歳・本庄市)中原漸(5歳・本庄市)三田結子(5歳・深谷市)梶山瑠来(6歳・ふじみ野市)飯塚春名栄(6歳・川口市)古谷恢人(6歳・越谷市)松田紘貴(6歳・春日部市)加藤駿作(6歳・さいたま市)新井美結(6歳・熊谷市)

※年齢・学年は応募時点のものです。また、氏名は応募用紙を元に表記しました。(敬称略、順不同)
※複数の作品が入賞した場合、入賞者名などを重複して掲載しています。